社会人になると出会いがない、それは仕事をしなければならなくなるから当然の話です。
もっとも自分の場合は仕事をする前から出会いが少なくて、ほとんど女性と関わりを持ったことがなかったんですけどね。
こんな俺だから社会人になったら、当たり前のように出会いの欠片すらみつける事ができないような状況になってしまったんです。
高校の時も大学のときもそうだったんですが、彼女が欲しいとかセックスを楽しみたいとか気持ちだけはたくさん持っていたんだけど、結局恋人作ることもほとんどできなかったんです。
高校のときに短期間1人だけ付きあって、大学に入って何とか3人程度は付き合うことができたんだけど、全てが短命に終わってしまいました。
だから性的な部分の不満はやたらと溜まっちゃってて、毎日何回もオナニーを繰り返すこともあったんです。
それだけ精液がやたらと製造されちゃってて、ムラムラ感も半端じゃありませんでした。
社会人になってからも同様の事が続き、同僚たちはどうやって相手と知り合っているのか?それが不思議でしかたがなかったんです。
自分も彼女欲しい、セックス楽しみたい、モテたいってこればかり繰り返し考えるようになってしまってました。
「早く彼女でも作れよ」
気軽に言われてしまっても、どうやって相手と知り合えばいいかも分らない状況だったのです。
本当に秘訣でも教えてもらうことはできないものか?なんて真剣に考えてしまったりもしてましたね。
今思うとあの頃は本当に地獄の生活を送っていたって言えるんじゃないかと思いますね。
恋人もそうなんだけど、それよりも性欲解消を何とかしなきゃって強烈な考えが浮かんできたんです。
それでセフレってやつ探してみようかと思うようになりました。